健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

ハエでもマウスでも人でも:スペルミジンで認知機能改善

公開日:2021年7月 9日 09時00分
更新日:2021年7月14日 14時21分

 健康長寿へのスペルミジンの効能はこれまでにもいろいろと取りざたされてきた。ただし、メカニズムはよくわかっていない。今回、オーストリアのグラーツ大学のフランク・マデオとドイツのベルリン自由大学のグループが連携して、その老化脳保護機構の一端を明らかにした。認知機能向上へはミトコンドリアとオートファジーの機能亢進が必須だが、それには蛋白合成開始因子eIF5Aの51番目のリジン残基にヒプシン化という特殊な化学修飾が入ることがトリガーになる。和風食材に多く含まれるスペルミジン。ショウジョウバエ、マウス、そして人でも、認知機能改善へのしくみが見えてきた。

参考文献

Schroeder S, et al., Cell Rep. 2021; 35: 108985; Liang YT, et al., Cell Rep. 2021; 35: 108941

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌 Aging&Health No.98(PDF)(新しいウィンドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください