健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

老化脳での神経興奮抑制と寿命延伸

公開日:2020年4月30日 09時00分
更新日:2020年7月16日 11時36分

 死亡年齢が80歳以下と85歳以上の集団での脳内遺伝子発現を最新のゲノムアレイとRNA配列解析で網羅的に精査すると、神経興奮やシナプス機能を抑え免疫系の機能が亢進していた人ほど長命という結果になった。その鍵を握る転写因子はRESTだ。寿命研究のモデル生物の線虫でそれに相当するのがSPR-3SPR-4なのだが、これを過剰発現すると線虫は長命になる。その神経系での発現を抑えると、逆に短命化する。他にも多様な実験を含めて、とにかく老齢期での過剰な神経興奮をREST/SPR系で抑えると、人も線虫も長寿化する。老化脳でRESTは、寿命制御に重要なFOXO1の発現を誘発する。線虫で有名なdaf-2変異も含めて従来の主要な寿命制御シグナル経路がREST/SPR系で制御されるという結果だ。ハーバード大学からの報告である。

参考文献

Zullo JM, et al. Nature. 2019; 574: 359-364

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌Aging&HealthNo.93

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.93(新しいウィンドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください