健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

APOE4による血液脳関門の崩壊誘発

公開日:2020年8月 6日 09時00分
更新日:2020年8月 6日 09時00分

 アルツハイマー病患者の脳ではアミロイドβ(Aβ)とタウの凝集形成が進む。これが病状の進行と認知症発症に最も重要なことは間違いない。しかし最近、それ以前に血液脳関門(BBB)の機能の崩れが指摘されている。脳内での神経変性の結果、BBBから漏れ出るニューロフィラメントなど各種神経マーカーが、認知症患者の血液で検知できる。Aβでさえ微量血液の質量分析で検出可能になった。今回、米国の南カリフォルニア大学の神経遺伝学研究所所長のズロコビックの率いるラボから、従来いわれた遺伝的危険因子のアポリポタンパク質Eが、脳海馬周辺の毛細血管壁のペリサイトと血管内皮細胞のメタロプロテイナーゼに作用することで、このBBBリークを加速すると報じている。認知症の発症のはるか前に、BBB崩壊から脳機能不全を誘発する、その新たなリスクのシナリオが見え始めた。

参考文献

Montagne A, et al. Nature. 2020;581:71-76

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌Aging&HealthNo.94

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.94(新しいウィンドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください