健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

タンパク質の過硫化反応は長寿に関与する

公開日:2020年4月30日 09時00分
更新日:2020年4月30日 09時00分

 過硫化反応(persulfidation)はタンパク質翻訳後修飾の一種であり、システイン残基を修飾し、そのタンパク質の構造や機能に影響する。ボルドー大学のZivanovicらは、これまで検出が困難であったこの反応を選択的に検出する方法を考案した(Dimedone Switch method)。この方法を用いたところ、過硫化反応は種を超えて保存され、タンパク質の過酸化を抑制し細胞保護的に働くことや、加齢に伴い低下する一方で、カロリー制限はこの反応を増やし、酸化ストレスを抑制し長寿に関係することを実験的に明らかにした。過硫化反応の維持は長寿の鍵かもしれない。

参考文献

Zivanovic J , et al. Cell Metab. 2019; 30: 1152-1170

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌Aging&HealthNo.93

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.93(新しいウィンドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

高齢者版:新型コロナウイルスにかからない・うつさないための「新しい生活様式」

このページについてご意見をお聞かせください