健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

高齢期での認知能維持へ向けて:やはり鉄は熱いうちに打て

公開日:2019年10月10日 11時29分
更新日:2019年10月17日 13時37分

 高齢化社会の中で誰もが頭のいい状態で年老いたいと願う。要はボケたくない、認知能力を維持しつつ老いの時を過ごしたいと思うのが常である。では、そのために中高年からの脳トレや生涯教育にいそしむべきなのだろうか?一般にはそう思われている。だが、最近の米国サンディエゴの大学からの報告からすると、老後の認知能力の良し悪しは、ほぼ20歳までに決まってしまっているという。知力がいちばんの伸び盛りの10歳代にどこまで頭脳を鍛えるか、60歳の時の認知能レベルへはそれがもっとも関連している。要は、やはり鉄は熱いうちに打て、という結論である。

参考文献

Kremen WS, et al. Proc Natl Acad Sci USA 2019 ; 116 : 2021-2026, Park DC. ibid 2019 : 1832-1833

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌Aging&Health No.91

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.91(新しいウィンドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください