健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

ゲノム編集の落とし穴:CRISPRベビーは短命か?

公開日:2019年10月10日 11時23分
更新日:2019年10月10日 11時28分

 昨年の秋、中国から衝撃のニュースが入った。ゲノム編集をしたヒトの子が生まれた。そのベビーはHIV耐性になるはずだ。改変のターゲットはCCR5という遺伝子。これはHIV感染の初期に働く。だからこれを阻止して感染を防ごう。こうしてHIV陽性の父親の精子からCRISPRによるゲノム操作で双子が生まれた。だが今回、カリフォルニア大学バークレー校のWeiらが英国の41万人のバイオバンクのデータから推定すると、染色体の両方のCCR5遺伝子に変異がある人の生存率は21%下がり、76歳を超えるのはむずかしいという。昨秋のHe Jiankuiの試みはやはり無謀との批判を免れないだろう。

参考文献

Wei X,et al. Nature Med 2019 ; 25 : 909-910

転載元

公益財団法人長寿科学振興財団発行 機関誌Aging&Health No.91

Aging&Health(エイジングアンドヘルス)No.91(新しいウィンドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください