健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

高齢者の生きがいとは

生きがいとは

 人は誰でも、何らかの「生きがい」を持つことで、人生の価値や意味を見い出そうとします。広辞苑によれば、生きがいとは「生きるはりあい。生きていてよかったと思えるようなこと」と定義されています。つまり、人にとって「生きる価値や意味」を与えるものである、と捉えることができます。

 「生きがい」という言葉の使い方としては、「生きがいを感じる」というのが一般的であり、主観的な感情を表す用語であるともいえます。従って、何を生きがいと感じるかは人によって様々であり、一概に定義できるものではありません。人によっては「生きていく上でのはりあい」というやや消極的なものから、「人生をどう生きていくか」というその人の人生の根源ともいえるような積極的なものまで、さまざまな捉え方があります。

高齢者はどの程度生きがいを感じているのか

 では、高齢者は、どの程度の生きがいを感じているのでしょうか。平成25年に内閣府が行った「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査(平成25年)」1)によれば、高齢者のうちおよそ8割の人が、生きがい(喜びや楽しみ)を感じていると回答しています(グラフ1)。しかしその一方で、生きがいを感じる人は年々減少傾向となっています。

グラフ1:生きがいを感じる人の割合を示すグラフ。生きがいを感じている高齢者はおよそ8割であることを示す
グラフ1:「生きがい」を感じる人の割合(時系列で比較)1)
表1:「生きがい」を感じる人の割合(時系列で比較)1)
十分感じている多少感じているあまり感じていないまったく感じていない分からない
平成10年
(n=2303)
41.8 43.3 12.5 1.5 0.9
平成15年
(n=2860)
39.5 42.2 14 2.9 1.5
平成20年
(n=3293)
44.2 38.3 14.2 2.7 0.6
平成25年
(n=1999)
38.5 40.7 16.4 3.9 0.5

 また、年齢階級別にみると、年齢が高くなるほど、生きがいを感じている人の割合は、わずかではありますが高くなる傾向にあるようです(グラフ2)。

グラフ2:60代から80代の高齢者がどの程度生きがいを感じるかを示すグラフ。年齢が高くなるほど生きがいを感じている人の割合がすこしづつ高くなることを示す。
グラフ2:どの程度生きがいを感じるか(年代別比較)1)
表2:どの程度生きがいを感じるか(年代別比較)1)
十分感じている多少感じているあまり感じていないまったく感じていない分からない
60歳代 38.5 42.4 14.9 3.9 0.3
70歳代 39.3 38.6 17.3 4.2 0.7
80歳代 36.6 40.7 18.6 3.4 0.7

高齢者はどのような時に生きがいを感じるのか

 高齢者が「生きがいを感じるとき」について見てみると、孫など家族との団らんの時(48.8%)が最も多くなります。一方で、前回調査した5年前と比較すると、「仕事に打ち込んでいる時に生きがいを感じる」と回答した人の割合は減少しています。では、男女別でみてみましょう。

男性の場合

 男性は「趣味やスポーツに熱中している時(49.0%)」に生きがいを感じている人がもっとも多く、これに「孫など家族との団らんの時(40.7%)」、「旅行に行っているとき(36.4%)が続いています。

女性の場合

 女性は男性と比べ、「孫など家族との団らんの時(55.4%)」、「友人や知人と食事、雑談をしている時(50.9%)」、「おいしい物を食べている時(44.4%)」に生きがいを感じている人が多い、という結果が出ています。

生きがいと健康の関連

 では、生きがいと健康状態には、関係があるのでしょうか。

 上記同様、内閣府が平成21年に行った「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査(平成20年度)」2)では、「趣味やスポーツに熱中している時」「仕事に打ち込んでいる時」「旅行に行っている時」に生きがいを感じると答えた人は、健康状態が良い層(良いとまあ良いの計)と、健康状態が良くない層(良くないとあまり良くないとの計)との差が大きいことがわかっています。一方で、「孫など家族との団らんの時」に生きがいを感じると答えた人の中では、両者の差はほとんどみられません。

 このように、何が生きがいであるのか、どのような時に生きがいを感じるのかは、人それぞれであるのかもしれません。しかしながらこれらの調査結果から、健康状態や身近な人との関係が、高齢者の生きがいに深くかかわっていることが読み取れます。

 健康を維持し、親しい友人や仲間との良好な関係を築き、親密な交流をもつことが、高齢者の生きがいを高める、大きな要因となるでしょう。

参考文献

  1. 平成25年度 高齢者の地域社会への参加に関する意識調査結果(全体版)  内閣府(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  2. 平成20年度 高齢者の地域社会への参加に関する意識調査結果(全体版) 内閣府(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください

関連記事