健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

高齢者の死亡原因

日本の高齢化による死亡原因の変化

 日本は、高齢化が急速に進んでいますが、高齢化は日本の死亡原因にも、大きな変化をもたらしています。例えば、厚生労働省が行っている「年齢調整死亡率」の調査結果から、肺炎で亡くなった人の状況をみてみましょう。1940年に肺炎で亡くなった人の死亡率は、154.4(人口10万人対)でした。その後、法律に基づいた健康診断や予防接種の励行、治療薬の開発などが行われ、1971年には22.1まで減少しました。この頃には、悪性新生物(がん)や心疾患により亡くなる人が増加傾向となっています。特に悪性新生物による死亡者は、現在も増加傾向が続いており、主な死因の第1位を占めています。

 一方、一時は減少傾向が続いていた「肺炎による死亡」ですが、日本が高齢化社会(高齢化率7%以上)に突入した1970年頃から再び増加傾向となり、2013年には97.8まで増加しています。特に高齢になるほど死亡率が高くなり、肺炎で亡くなる人の97%以上を、65歳以上の高齢者が占めています(グラフ、表1)。

グラフ:平成28年の主な死因別死亡数の割合と肺炎による死亡の年代別比較を示すグラフ。肺炎で亡くなる人の97%以上を高齢者が占めることを示す
グラフ:平成28年 主な死因別死亡数の割合と、肺炎による死亡 年代別比較1)
表1:平成28年 肺炎による死亡(年代別)1)
年齢死亡者数
0-4歳 63
5-9歳 19
10-14歳 13
15-19歳 13
20-24歳 18
25-29歳 31
30-34歳 47
35-39歳 75
40-44歳 125
45-49歳 224
50-54歳 366
55-59歳 677
60-64歳 1,560
65-69歳 3,696
70-74歳 6,032
75-79歳 11,681
80-84歳 22,231
85-89歳 31,171
90-94歳 26,418
95-99歳 11,906
100歳~ 2,924
不詳 10

年齢別の死亡原因

 では、年齢別の死亡原因の違いを見てみましょう。

 55歳から79歳までは、主な死因として悪性新生物(がん)、心疾患、脳血管疾患の順に多くなっており、いわゆる中年から80歳くらいまでは、上位3位に大きな変化はみられません。しかし、65歳以上になると肺炎が第4位となり、80歳以上では脳血管疾患と順位が入れ替わり、第3位となります。

 一方、多くの年代で第1位だった悪性新生物(がん)は、80歳以上になると割合が少なくなります。その代り、85歳以上では老衰が増えはじめ、95歳以上では死亡原因の第1位を占めています(表2)。

表2:死亡原因順位(年代別)
年齢 第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
総数 悪性新生物 心疾患 肺炎 脳血管疾患 老衰
0歳 先天奇形等 呼吸障害等 乳幼児突然死症候群 不慮の事故 出血性障害等
1~4歳 先天奇形等 不慮の事故 悪性新生物 肺炎 心疾患
5~9歳 悪性新生物 不慮の事故 先天奇形等 その他の新生物 心疾患
10~14歳 悪性新生物 自殺 不慮の事故 心疾患 先天奇形等
15~19歳 自殺 不慮の事故 悪性新生物 心疾患 先天奇形等
20~24歳 自殺 不慮の事故 悪性新生物 心疾患 脳血管疾患
25~29歳 自殺 不慮の事故 悪性新生物 心疾患 脳血管疾患
30~34歳 自殺 悪性新生物 不慮の事故 心疾患 脳血管疾患
35~39歳 自殺 悪性新生物 心疾患 不慮の事故 脳血管疾患
40~44歳 悪性新生物 自殺 心疾患 脳血管疾患 不慮の事故
45~49歳 悪性新生物 自殺 心疾患 脳血管疾患 不慮の事故
50~54歳 悪性新生物 心疾患 自殺 脳血管疾患 肝疾患
55~59歳 悪性新生物 心疾患 脳血管疾患 自殺 不慮の事故
60~64歳 悪性新生物 心疾患 脳血管疾患 自殺 不慮の事故
65~69歳 悪性新生物 心疾患 脳血管疾患 肺炎 不慮の事故
70~74歳 悪性新生物 心疾患 脳血管疾患 肺炎 不慮の事故
75~79歳 悪性新生物 心疾患 脳血管疾患 肺炎 不慮の事故
80~84歳 悪性新生物 心疾患 肺炎 脳血管疾患 不慮の事故
85~89歳 悪性新生物 心疾患 肺炎 脳血管疾患 老衰
90~94歳 心疾患 悪性新生物 肺炎 老衰 脳血管疾患
95~99歳 老衰 心疾患 肺炎 脳血管疾患 悪性新生物
100歳以上 老衰 心疾患 肺炎 脳血管疾患 悪性新生物
注 :乳児(0歳)の死亡原因については乳児死亡原因簡単分類を使用している。死亡原因名は次のように省略
  • 心疾患:心疾患(高血圧性を除く)
  • 先天奇形等:先天奇形、変形及び染色体異常
  • 呼吸障害等:周産期に特異的な呼吸障害及び心血管障害
  • 出血性障害等:胎児及び新生児の出血性障害及び血液障害

 なお、どの年代でも比較的死因としての割合が高い「不慮の事故」は、85歳を過ぎると6位以下まで減り、代わりに「老衰」が徐々に増えてきます。これは、不慮の事故に合うような生活環境から、徐々に家の中にこもりがちになる高齢者の姿を反映していると推測できるのではないでしょうか。その境目が何歳なのかは定かではありませんが、こうした統計データから鑑みると、80歳~85歳くらいなのかもしれません。

参考文献

  1. 人口動態調査 2016年 総務省統計局(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

このページについてご意見をお聞かせください

関連記事