健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

脂質と脂肪酸

脂質の働き

 脂質は炭素、水素、酸素で構成され、水に溶けずに有機溶媒(エーテル、クロロホルムなど)に溶ける物質です。ホルモンや細胞膜、核膜の構成成分であり、臓器を寒冷や熱から守り保護する働きがあります。1グラムで9キロカロリーという、糖質やたんぱく質の約2倍のエネルギーを産生しています。また、脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きもあります。

 脂質には多種多様な物質があり、化学構造の違いによって、おもに単純脂質(中性脂肪、ロウ)、複合脂質(リン脂質、糖脂質、リポたんぱく質)、誘導脂質(ステロール類)の3種類に分類されます。

脂質を構成している脂肪酸

 単純脂質、複合脂質、誘導脂質などの脂質を構成しているのが脂肪酸です。脂肪酸は炭化水素鎖(炭素と水素が結合し1本の鎖状になったもの)の末端にカルボキシル基(-COOH)が結合した構造をしています。

 炭化水素鎖の炭素同士の二重結合の有無で、飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸(二重結合が1個)、多価不飽和脂肪酸(二重結合が2個以上)にわけられます。

 さらに多価不飽和脂肪酸は、二重結合の部分が炭化水素鎖のメチル基(-CH3)末端から何番目にあるかによって分類され、3番目にあるものをn-3系、6番目にあるものを n-6系といいます

脂肪酸の働き

 飽和脂肪酸は動物性食品の脂肪に多く含まれ、血液中の中性脂肪やコレステロールを増加させます。

 一価不飽和脂肪酸のオレイン酸(オリーブ油)は、血液中のコレステロールを低下させます。

 多価不飽和脂肪酸のうちn-6系には、リノール酸(紅花油やひまわり油に多い)やアラキドン酸(卵白、魚に多い)などがあり、とりすぎるとアレルギー疾患を悪化させます。

 n-3系のα-リノレン酸(シソ油に多い)、魚油に多いDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)には、アレルギー疾患、虚血性心疾患、脳卒中(リンク1、リンク2参照)などを予防する働きがあります。

リンク1 「脳梗塞」

リンク2 「脳出血」

必須脂肪酸

 脂肪酸のうち体内合成ができないか合成量が少ないため、食物からとる必要があるものを必須脂肪酸といいます。リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸、DHA 、EPAがこれにあたり、不足すると発育不全、皮膚炎などが起こります。

食事摂取基準

 日本人の食事摂取基準(2010年版)では、総脂質の総エネルギーに占める割合(脂肪エネルギー比率)の目標量は、男女とも18~29歳で20以上30%未満、30歳以上で20以上25%未満です。

 また、グラフに示すとおり平成19年国民健康・栄養調査結果における脂質の摂取は、肉類からの摂取が最も多く、次いで油脂、魚介類の順でした。

 飽和脂肪酸の脂肪エネルギー比率の目標量は18歳以上の男女とも4.5以上7.0%未満となっています。さらにn-6系脂肪酸の脂肪エネルギー比率の目標量は18歳以上男女とも10%未満、n-3系脂肪酸の目標量は男性18~29歳で2.1g以上、30~49歳で2.2g以上、50~69歳で2.4g以上、70歳以上2.2g以上です。女性は18~49歳で1.8g以上と50~69歳で2.1g以上、70歳以上で1.8g以上とされています。

グラフ:脂質の食品群別摂取構成比(平成19年厚生労働省 国民健康・栄養調査)日本人は脂質を肉類から最も多く摂取していることを示している。

グラフ:脂質の食品群別摂取構成比

このページについてご意見をお聞かせください

関連記事