健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

脂溶性ビタミン:ビタミンK

ビタミンKの種類

 ビタミンKには多種類ありますが、天然のものはビタミンK1(フィロキノン)とビタミンK2(メナキノン類)の2種類のみです。ビタミンK1は植物の葉緑体で生産され、ビタミンK2は微生物から生産されます。

 ビタミンK1は1種類ですが、ビタミンK2には何種類かの同族体が存在します。ビタミンK2のうち代表的なものは、動物性食品に含まれるメナキノン-4と納豆に含まれるメナキノン-7です。一般にビタミンKというときには、フィロキノン、メナキノン-4、メナキノン-7を総称したものをいいます。

ビタミンKの働き

 ビタミンKは、血液凝固に関与しています。血液が凝固するのには、プロトロンビンなどの血液凝固因子が必要です。プロトロンビンが肝臓で生成されるときに、補酵素として働くのがビタミンKです。そのため欠乏すると血液中のプロトロンビンが減少するため血液凝固に時間がかかり、出血が止まりにくくなります。

 また、ビタミンKは丈夫な骨づくりにも不可欠で、骨に存在するオステオカルシンというたんぱく質を活性化し、カルシウムを骨に沈着させて骨の形成を促す作用があります。

ビタミンKが不足すると

 ビタミンKはさまざまな食品中に広く含まれますし、ビタミンK2は腸内細菌によっても合成されるので、健常人では不足することは稀です。しかし、新生児では腸内細菌からのビタミンK2供給が少ないため、新生児メレナ(消化管出血)や特発性乳児ビタミンK欠乏症(頭蓋内出血)を起こすことがあります。

 ビタミンKの吸収は胆汁の存在のもとに小腸上部で行われているため、高齢者などでは膵液や胆汁の分泌量が低下すると、腸管からのビタミンKの吸収量が減少します。また、抗生物質の長期投与で腸内細菌が死滅してしまったりすると、欠乏して出血傾向がみられることがあります。

ビタミンKの多い食品

 ビタミンK1は緑黄色野菜に多く含まれています。その他に、海藻、豆類、植物油などにも含まれます。ビタミンK2は発酵食品の納豆に特に多く含まれます。また、肉類、乳製品、鶏卵などにも含まれています。脂溶性なので、油と一緒にとると吸収率が上がります。

 平成19年国民健康・栄養調査におけるビタミンKの摂取量は234.5μg(マイクログラム)で食品群別でみると、グラフが示すとおり野菜・きのこ・藻類と豆類で8割強を摂取していました。

食事摂取基準

 日本人の食事摂取基準(2010年版)では一日の摂取の目安量を18歳以上男性では75μg、18~29歳女性は60μg、30歳以上女性は65μgとしています。上限量は設定されていません。

 血栓を防ぐためのワ-ファリンという薬を服用している人では、ビタミンKを多く含む納豆、ブロッコリー、ほうれん草などの食品を摂取すると薬の作用が弱まることから、摂取を制限されることがあります。

グラフ:ビタミンKの食品群別摂取構成比(平成19年厚生労働省 国民健康・栄養調査)日本人はビタミンKを野菜・きのこ・藻類から最も多く摂取していることを示している。

グラフ:ビタミンKの食品群別摂取構成比

このページについてご意見をお聞かせください

関連記事