健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

第45回 ベッドと布団

公開日:2022年8月12日 09時00分
更新日:2022年8月12日 09時00分

宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業


 自宅で過ごす高齢者にとって、何が恐いかといえば転倒である。身近なところでも、父は肝臓がんで療養中のところ、自宅で転倒。腰椎を圧迫骨折して寝ついたのが命取りとなり、誤嚥性肺炎で急変して亡くなった。

 このほかにも、入浴中に脱衣所で転倒して頭を打ち、急性硬膜下血腫で亡くなった人、布団から起きようとして布団に足を取られて転び、骨折した人。看護師として関わった患者さんにも、そのようなアクシデントが起きていた。

 高齢者の転倒が起きる場所としては、自宅が多い点に注意してほしい。理由としては、外出時の方が気を使うこともあろう。また、すでに行動範囲が狭まり、自宅で過ごす時間が長いことも、室内での転倒が多い理由と考えられる。

 ちょっとした段差が危ないとも聞く。足が思うように上がらず、つまずきやすくなっているからだ。

 最近病棟で久しぶりに働き、改めて高齢者の動きを見て、いろいろ考えることがある。ベッドに戻って横になる時、とても危ない動きをする人がいる。

 具体的には、いきなりベッドに手を置いてベッドの上に膝を突き、四つん這いになってベッドの上を移動する。そしてそれから、仰向けになるのだが、思った位置に寝るのがなかなか苦労なのだ。

 一度やってみてほしいのだが、多くの人がまずベッドに腰掛け、仰向けになるように動くのではないか。その方がはるかに楽で、自分が寝たい位置に体を動かすことができる。

 ではなぜベッドに手をついて四つん這いになるのかと言えば、恐らく入院前は布団で寝ていたのではないだろうか。これは布団であれば、誰もがとる動きであり、理にかなっていると思う。

 もう一つ考えられるのは、体力が弱り、全身を使わないとベッドに寝られない場合である。体力がある時は、ベッドに座ってから寝ていた人が、弱ってくると、ベッドに手をつき、這い上がるようになる。

 ベッドに慣れていないにせよ、体力が弱ったにせよ、いずれの場合も、ベッドに上がる時、ベッドから降りる時、転倒・転落には要注意である。

 このように、ベッドも慣れないと危ない面もあるのだが、高齢者にとってベッドのメリットは大きい。以下、そのメリットを挙げてみる。

  • 布団の上げ下げをしなくて済む。
  • 散らかっても、寝る所だけは確保できる。
  • 布団を床に敷く万年床よりは衛生的。
  • 布団よりも立ち上がりやすい。
  • 寝ついた時、介護を受けやすい。
  • 病院や施設はベッドなので、慣れておいた方が良い。

 おそらく時代が降るほどベッドで寝る人は増え、わざわざこのようなことを書く必要もなくなってくる気はする。しかし現在のところはまだ、布団で生活する人も決して少なくない。

 布団のデメリットとしては、初めに書いたように、立ち上がりの際の危険がある。布団に足を取られての転倒は、意外によく聞く話なのだ。

 布団で寝るのであれば、なるべくはだけやすく、足に絡まないことにも注意して、寝具を選んでほしい。

 居住スペースの問題もあり、すべての人にベッドを、と言うのは乱暴だろう。しかし、老いへの備えというなら、やはりベッドへの転換はおすすめしたい。

 できれば物の片付けとセットで。そのためには、体力があるうちに取り掛かるのが良い。布団を続けるか。ベッドに替えるか。考えどころである。

 慣れた生活を変えるのは、心理的にも負担が大きい。周囲の人も、ぜひ支援してあげて欲しい。

写真:友人から送られてきたじゃがいもとそのじゃがいもを使って調理したポテトサラダとグラタンの写真。
<私の近況>
 故郷に帰った友人から、自作のジャガイモがたくさん届きました。ポテトサラダ、グラタン、カレー......しばらくはジャガイモ料理を楽しみます。

著者

筆者_宮子あずさ氏
宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業
1963年生まれ。1983年、明治大学文学部中退。1987年、東京厚生年金看護専門学校卒業。1987~2009年、東京厚生年金病院勤務(内科、精神科、緩和ケア)。看護師長歴7年。在職中から大学通信教育で学び、短期大学1校、大学2校、大学院1校を卒業。経営情報学士(産能大学)、造形学士(武蔵野美術大学)、教育学修士(明星大学)を取得。2013年、東京女子医科大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。博士(看護学)。
精神科病院で働きつつ、文筆活動、講演のほか、大学・大学院での学習支援を行う。

著書

「まとめないACP 整わない現場,予測しきれない死(医学書院)、『看護師という生き方』(ちくまプリマ―新書)、『看護婦だからできること』(集英社文庫)など多数。ホームページ:ほんわか博士生活(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

寄附について

 当財団は、「長生きを喜べる長寿社会実現」のため、調査研究の実施・研究の助長奨励・研究成果の普及を行っており、これらの活動は皆様からのご寄附により成り立っています。

 温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

ご寄附のお願い(新しいウインドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください