健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

第17回 訪問看護の限界

公開日:2020年3月31日 09時00分
更新日:2020年3月31日 09時00分

宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業


 私が働く訪問看護室は、アルコール依存症の治療も行う精神科病院の中にある。そのためアルコール依存症の利用者さんのお宅にも訪問している。

 ある時、長年飲酒を続け、60代後半になって初めてアルコール依存症の治療を受けた人のお宅を訪問することになった。定年退職後アルコールの問題が露呈するパターンで、すでに妻子は去り、ひとり暮らしになっていた。

 アルコール依存症は、「否認の病」と言われる。全日本断酒連盟によれば、否認には以下、2つの段階があるという1)

  • 第1の否認:「自分がアルコール依存症であることを認めない」という否認
  • 第2の否認:「自分は酒さえ飲まなければ、何の問題もない」という、自分の責任を酒に押し付けてしまう否認

 この利用者さんについては、「俺は、酒で全て失った。親から山のように財産をもらって、女房、子どもも楽しく暮らしていたのに。金を使い果たしたら、とっとと出て行っちまった。本当に酒はこわいよ。あんたも、酒に飲まれちゃだめだよ」が口癖。これを聞く限り、第1の段階は過ぎているように見えた。

 しかし、第2の否認は続いている。「もう75歳にもなって、飲む元気もないよ。前頭葉がスカスカになっているって、医者のやろうが言いやがった。これ以上ばかになったら困るから、飲まないでいる。飲まなきゃ大丈夫なんだから。全部酒のせいなんだよ。女房も子どもも、本当に不人情だよ。いいときだけの家族なのか。飲まないときには、いい思いもさせてやったのに」。

 この愚痴も、彼はまるで口癖のように繰り返し、時に涙を流した。彼は自分が酒を飲んだ責任を巧みに回避する。悪いのは酒。酒さえ飲まなければ自分に問題はない。それを評価しなかった妻子が悪い。.........彼は自分の外に責任を求め、自分が変わろうとしていない。

 そのことが痛いほど伝わり、言い訳を聞き続けることが、果たして彼のためになるのか。悩みながら帰るのが常だった。

 あるとき、彼はスリップ(再飲酒)した。飲んだのはストロング系と呼ばれる、アルコール度数の高い缶チューハイ。コンビニなどですぐに手に入り、安くてアルコール度数が高い酒として、依存症への入り口として指摘され始めている2)

 連続飲酒が止まらず、再入院になったが、きれいな缶、ジュースのような味わいで、罪悪感なく飲めたと後に語っていた。

 アルコール依存は自分が変わらなければ、と気づかねば治らない病気と言える。入院中に、自助グループにつながり、なんとか自分を振り返る機会を持って欲しい。

 訪問看護は決して万能ではない。アルコール依存症には、家を訪れる訪問看護より、外に出て人と関わる機会を増やすのが効果的ではないだろうか。彼との関わりを振り返り、否認の聞き役になってしまったと反省しては、どうあればよいか思案している。

写真:「下手くそやけどなんとか生きてるねん。: 薬物・アルコール依存症からのリカバリー」渡邊 洋次郎著の表紙写真「下手くそやけどなんとか生きてるねん。: 薬物・アルコール依存症からのリカバリー」知人の渡邊 洋次郎さんが書いた本です。依存症とその回復について、ありありと描かれています。

文献

  1. 「二つの否認」,全日本断酒連盟(2020年3月9日アクセス)(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  2. 「薬物に過剰に厳しく、アルコールに甘い日本」,岩永直子、BuzzFeed News,2020年1月20日(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

著者

写真:著者宮子あずさ氏

宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業
1963年生まれ。1983年、明治大学文学部中退。1987年、東京厚生年金看護専門学校卒業。1987~2009年、東京厚生年金病院勤務(内科、精神科、緩和ケア)。看護師長歴7年。在職中から大学通信教育で学び、短期大学1校、大学2校、大学院1校を卒業。経営情報学士(産能大学)、造形学士(武蔵野美術大学)、教育学修士(明星大学)を取得。2013年、東京女子医科大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。博士(看護学)。
精神科病院で働きつつ、文筆活動、講演のほか、大学・大学院での学習支援を行う。

著書

『宮子式シンプル思考─主任看護師の役割・判断・行動1,600人の悩み解決の指針』(日総研)、『両親の送り方─死にゆく親とどうつきあうか』(さくら舎)など多数。ホームページ:ほんわか博士生活(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください