健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

第38回 対面+メールなどの新たな詐欺に注意

公開日:2022年1月14日 09時00分
更新日:2022年1月14日 09時00分

宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業


 12月半ばのある日、訪問看護にうかがう予定の利用者の男性から、キャンセルを希望する電話があった。明日は知人の葬儀があり、そちらに行きたいと言う。

 状態は落ち着いている方なので、キャンセル自体はかまわない。しかし、身よりもなく、親しい友人もいない彼が、いったい誰の葬儀に行くのか.........。気になり、尋ねてみた。

 すると、彼はしどろもどろになり、「お金を払えば、誰かわかるんですが」。これはいかにも怪しい。「明日がダメなら、今日行きます」と言い、やや強引に訪問してしまった。

 結論から言うと、彼は詐欺に遭っていた。元々お金がうまく使えず、金銭管理のサービスを受けている人。その担当者や、福祉の担当者とも相談しながら、対応することになった。

 そして、その詐欺の手口は目新しく、この原稿を書いている時点で、ネットなどでも報告が見当たらない。ぜひお知らせしておきたいので、以下に経過を書きたいと思う。

 まず、利用者の男性は、街で突然弁護士を名乗る男性に声をかけられ、喫茶店で長時間話した。その時、このように言われたという。

 「病気で間もなく亡くなる運命の女性が、全財産50億円を贈与する先を探しています。私は依頼を受けた弁護士で、そのお手伝いをしているのです。今日お話をして、あなたも候補とわかりました。電話番号を教えてください。依頼人と相談して、了承されたらお電話します」。

 利用者の男性は、電話番号を教え、翌日弁護士を名乗った男性から電話が入る。「依頼人が亡くなりました。死ぬ前、あなたを相続人に選んだので、これから手続きに入ります。説明はメールの方がいいので、私がこれからショートメールでメールアドレスをお知らせします。この先は、そちらにメールをください」。

 利用者の男性は教えられたメールアドレスにメールをすると、以後は「故人の情報を教えますが、個人情報を教えてもらうのに、いろいろな手続きが必要になります。2万円ほどお金を準備しておいてください。告別式についての情報は、それとは別に1万円が必要です」などと、金銭を要求された。

 巨額の贈与先を探している、あなたが相続人に選ばれた、などというストーリーはいかにもありがちなメール詐欺である。私も一時何通も似た内容のメールを受け取った。

 しかし今回の詐欺は、出だしが対面であるのがミソ。会った時の印象が残るため、心寂しい人ほど信じ込み、不義理はできないと金を注ぎ込んでしまう。手当たり次第メールを送るやり方より、巧妙で悪質な詐欺と言える。

 幸い、利用者の男性は、いったんは私の説明に納得し、詐欺だと理解してくれたように見えた。そこで私は、弁護士を名乗る人からのケータイ電話番号の着信拒否と、メールアドレスのブロックを提案したが、受け入れてもらえなかった。

 「連絡が来ているかどうかはきちんとわからないと不安です。絶対に連絡しないから、そのままにしておいてください」。そう言われると、それ以上のことはできない。もし自分が身内なら、強引にでもやりたい気持ちだった。

 今回、詐欺である事実を納得させるのがなかなか難しかった。その理由として、ネットなどにも情報が出ていない、新しい手口だった点があがる。

 なぜなら、私はこれまで、詐欺事件について書かれたネットの記事を見せて、詐欺に気づいてもらってきた。これができなかったのは、とても残念。だからとりあえず、機会を見つけて、この件については書いていこうと思う。

 もし周辺に危ない人がいたら、ぜひ、この記事を使って説明してあげてください。

写真:筆者の葉物野菜を使用した食事の様子を表わす写真。
<私の近況>
値上げの冬。年末年始は野菜も高くなりがちです。我が家では、少し前から、サラダに入れるベースの葉物野菜を、レタスからキャベツに換えました。キャベツの千切りには、専用のピーラーがおすすめ。レタスよりボリュームがあって安上がりです。なお、ブロッコリーはまとめて茹でて、冷蔵庫に入れています。

著者

筆者_宮子あずさ氏
宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業
1963年生まれ。1983年、明治大学文学部中退。1987年、東京厚生年金看護専門学校卒業。1987~2009年、東京厚生年金病院勤務(内科、精神科、緩和ケア)。看護師長歴7年。在職中から大学通信教育で学び、短期大学1校、大学2校、大学院1校を卒業。経営情報学士(産能大学)、造形学士(武蔵野美術大学)、教育学修士(明星大学)を取得。2013年、東京女子医科大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。博士(看護学)。
精神科病院で働きつつ、文筆活動、講演のほか、大学・大学院での学習支援を行う。

著書

『宮子式シンプル思考─主任看護師の役割・判断・行動1,600人の悩み解決の指針』(日総研)、『両親の送り方─死にゆく親とどうつきあうか』(さくら舎)など多数。ホームページ:ほんわか博士生活(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください