健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

第34回 料理が苦手なら計測しよう

公開日:2021年9月10日 09時00分
更新日:2021年9月10日 09時00分

宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業


 この連載で、私はたびたび料理ができない、あるいは苦手な人の話を書いてきた。その背景には、訪問看護師として居宅支援をする中で、利用者の家事能力の違いが、生活の質をかなり決めるとの発見がある。

 もちろん、掃除や洗濯も大事な家事。それでも私が料理に注目するのは、面倒くさいからと言って後回しにできず、必ずなんとかしなければならないからである。

 掃除が面倒ならば、しない人はたくさんいる。洗濯が面倒だからと、着替えをけちる人もいる。しかし食事はそうはいかない。自分で作れなければ、なんらかの形で調達して、食べなければならない。

 私は、料理をしないと決めたのであれば、それはそれでよいと思う。ただ、2019年10月11日掲載の第11回「宅配弁当」(新しいウインドウが開きます)で書いたように、コンビニやスーパーで出来合いのものを買い続けるのは、お勧めできない。面倒だからと炭水化物ばかりの食事になりやすいからである。

 だから、週に何食かでも、宅配弁当を勧めるわけだが、宅配弁当はますます充実してきた。背景には、コロナの影響もあるだろう。ステイホーム、飲食店の営業時間短縮と、家で食べるしかない傾向が1年以上続いている。外食産業は競ってテイクアウトメニューを増やし、宅配弁当も進化を続けている。

 とはいえ、料理が自分で作れれば、それに越したことはない。何より、食べたいものが食べられるのがうれしい。私はトマトが好きで、夏の間はトマトばかり食べている。

 ある時は塩を振りそのままで。ある時は湯むきして刻み、冷たいパスタにかけて。凝った料理でなくとも、おいしいものは食べられるのだ。

 第31回「得手不得手を知ろう」(新しいウインドウが開きます)でも書いたように、私は料理が大の苦手であった。今も大して好きではない。だからなるべくささっと効率よく済ませたいと思う。この時写真で紹介したレシピカードは、そのための工夫だったのだ。

 そしてそのレシピカードには、調味料などの分量が、グラム単位で書かれており、この細かい計測こそ、大事なポイントなのである。なぜなら、私のように料理が苦手な者は、目分量が苦手。かつ、熱心に取り組まないから、経験も大して蓄積されない。よって、全て正確に測るほうが楽なのである。

 私も夫も、料理の腕と熱意は似たり寄ったりで、かくしてわが家にはメジャーカップ、はかりなど、計測する道具がたくさんある。そして、測ったあとの調味料類は小さなボウルに小分け。その様子は、まるで化学実験のようだ。

 料理の得意な人から作り方を聞くと、目分量での調理が実にうまい。そういう人は、「この料理は簡単ですよ」と言った後で、「お醤油とみりんと塩と......。どれも適当でいいんです」。笑顔でこう言われてしまう。

 しかし、料理が苦手な者は、何も考えずに測るのが楽。これをわかっていれば、教えやすいのではないだろうか。シビアに言えば、訪問看護を受けるようになってからでは、遅い。男性も女性も、元気なうちに、簡単な煮炊きくらいはできるようになっておきたい。

 料理は、段取りを考え、立ち仕事をし........頭と身体を適度に使う。定年を迎えるあたりに取り組んでおくと、先々の老い方にもよい影響があると思う。

写真:筆者が愛用する計量カップとはかりを表す写真。
<私の近況>
料理の中でも一番エネルギーがかかるのが献立を考えること。これを省くため、私たちは曜日ごとのメニューを決めています。火曜日は焼きそばと茶碗蒸し、水曜日はピザ、木曜日は餃子と素麺。週に3日でも決まっていると、とても楽ちんです。
写真は、よく使うメジャーカップとはかり。日々大活躍しています。

著者

筆者_宮子あずさ氏
宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業
1963年生まれ。1983年、明治大学文学部中退。1987年、東京厚生年金看護専門学校卒業。1987~2009年、東京厚生年金病院勤務(内科、精神科、緩和ケア)。看護師長歴7年。在職中から大学通信教育で学び、短期大学1校、大学2校、大学院1校を卒業。経営情報学士(産能大学)、造形学士(武蔵野美術大学)、教育学修士(明星大学)を取得。2013年、東京女子医科大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。博士(看護学)。
精神科病院で働きつつ、文筆活動、講演のほか、大学・大学院での学習支援を行う。

著書

『宮子式シンプル思考─主任看護師の役割・判断・行動1,600人の悩み解決の指針』(日総研)、『両親の送り方─死にゆく親とどうつきあうか』(さくら舎)など多数。ホームページ:ほんわか博士生活(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください