健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

第27回 日にち薬

公開日:2021年2月12日 09時00分
更新日:2021年2月12日 09時00分

宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業


 訪問看護でうかがっている70代の女性は、1年を超える長いうつが続いている。ひとり暮らしで、ほとんどの時間をベッドでやすんで過ごす。訪問に行くといつもベッドにいて、話しかけても返事はない。

 「何かお手伝いできることありますか」と聞くと、テレビを見たまま首を振る。「変わりありませんか」と聞くと頷く。少し目を合わせてくれるようになったことさえ、大きな変化と評価している。

 以前からうつになると今のような状態になった。年を重ねて、うつが長引くようになり、抗うつ剤でよくなる実感がもてないようだ。退院してすぐにうつになったため、入院してもよくならない、という気持ちも強い。また、薬についても同様で、効果が期待できないという。

 結局この1年は最初の数週間しか治療が行えないまま時間が過ぎた。興味深いのは、そんな状況でも、うつが若干よくなってきていることだ。テレビを見たまま首を動かすだけでも、意思の疎通は改善している。以前は視線も合わせなかった。意思表示をしてくれ、視線が合うこともある。それさえ大きな変化と受けとめている。

 今は毎回視線が合い、「いいです」「大丈夫です」など、わずかに言葉が聞かれることもある。先日は、薬を勧めたところ、「『日にち薬』でいいです」。久々に自発的な言葉が聞かれて嬉しかった。

 薬物などを使わず時間が経つのに任せる「日にち薬」。確かに、今回はこれだけが功を奏しつつあるようにも見える。実際内服をやめて長いのだから。

 しかし、これでよしとしてよいのかは、難しい所である。確かに、難治性のうつはあって、薬をいろいろ調整してもよくならない。むしろ副作用が目立つ場合も出てきてしまう。

 「薬を増やしたら転んだ。飲まない方がマシだった」。「便秘がひどい。下剤を使うと、下痢をしてつらい」。「口が渇く。水をたくさん飲んだら、尿失禁してしまった」.....。

 精神科で働いていると、多くの人から、こうした声が聞こえてくる。これを思えば、積極的に「日にち薬」を選ぶ人がいるのも、やむを得ないとは思う。しかし、できることなら、うつからは早く脱してほしいのも事実である。

 なぜかというと、うつによる気力のなさ、身体の不調、自信のなさから来る悲観的な考えなどは、長引くほどに治りにくくなるように見える。うつを通して体験する世界が、現実として定着してしまうのだ。

 これは、統合失調症の妄想ではよく起こり、早期発見早期治療の重要性が強調されるようになった。うつ病の場合は、顕著な妄想はないが、いわば病気によって作られた思考の癖が習い性になる。そうしたことは起こりうる。

 うつが浅くなるだけでも、この悪影響は減らせるだろう。そのためには、内服治療をぜひ試してほしい。今回取り上げた女性に対しても、同じ気持ちである。

 「薬が効かない」と決めつけてしまった彼女だが、やはり薬の中断によって、うつが長くなったようにも見える。何より、「日にち薬」は治療との併用が効く。機会があれば、伝えたいと思っている。

写真:愛猫のもふこともふこをモデルにしたアマビエの彫刻が載っている年賀状の様子を表す写真。
<私の近況>
 年が明けて初めてのエッセイです。今年もよろしくお願いいたします。写真はわが家が出した年賀状。メインの写真は、飼い猫もふこをモデルに作ってもらったアマビエの彫刻です。皆さまにも御利益がありますように。

著者

筆者_宮子あずさ氏
宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業
1963年生まれ。1983年、明治大学文学部中退。1987年、東京厚生年金看護専門学校卒業。1987~2009年、東京厚生年金病院勤務(内科、精神科、緩和ケア)。看護師長歴7年。在職中から大学通信教育で学び、短期大学1校、大学2校、大学院1校を卒業。経営情報学士(産能大学)、造形学士(武蔵野美術大学)、教育学修士(明星大学)を取得。2013年、東京女子医科大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。博士(看護学)。
精神科病院で働きつつ、文筆活動、講演のほか、大学・大学院での学習支援を行う。

著書

『宮子式シンプル思考─主任看護師の役割・判断・行動1,600人の悩み解決の指針』(日総研)、『両親の送り方─死にゆく親とどうつきあうか』(さくら舎)など多数。ホームページ:ほんわか博士生活(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください