健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

第48回 便りがないのは良いしらせ

公開日:2022年11月11日 09時00分
更新日:2022年11月11日 09時00分

宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業


 私たちにとって眠りがいかに大切かは、言うまでもない。眠るからこそ心身が休まり、活動できる。嫌なことがあった時、気持ちが切り替えられるのも、眠りが思考を軽くリセットしてくれるからだ。

 しかし、私たちが眠りの大事さを痛感するのは、たいてい、眠れない時ではないだろうか。忙しくて睡眠時間が短い時でも、寝つきも目覚めもまあまあ良ければ、たいていの人は、眠りについて意識せず暮らしている。

 精神科領域で働く看護師という仕事柄、患者さんのみならず、友人や知人からも、メンタルヘルスについての相談をいろいろ受ける。その中で、必ず聞くのが、睡眠状態。もともと精神疾患を抱えている場合はなおのこと、不眠が異変のサインになるからだ。

 ただ、眠りについて尋ねたのをきっかけに、眠りへのこだわりが強まると、それもまた好ましくない。なぜなら、眠りにこだわればこだわるほど、人間は眠れなくなる傾向がある。

 この睡眠へのこだわりについては、忘れられない例がある。訪問看護でうかがっていたある高齢の女性は、うつ状態になると、眠りについての細かい訴えが延々続いた。

 一人暮らしで、家事をする程度の生活。こちらから見ると、何時に寝て何時に起きても、特に問題はないように見えた。

 以下、私との会話である。

 「看護師さん、本当に眠れなくて大変なんです。夜8時に眠剤を飲んで、寝付くのに2時間くらいかかってしまって。10時くらいから眠って、4時には目が覚めちゃうの。夏なら明るいからいいけど、冬だから、外は真っ暗。本当に辛いんです」

「早く目が覚めた時の頓服がありますよね。それを使ってはどうでしょうか」

「でも、使ったら、今度は起きられないの。10時まで寝ちゃいました」

「時にはそのくらい眠ってもいいのではないですか?」

「でも、寝すぎると今度は夜眠れなくなるでしょう。それが怖いんです」

「確かに、夜10時から4時だと、6時間は眠っていらっしゃるのですよね。人によっては、そのくらいの睡眠の方もいらっしゃいますし。目が覚めても異常ではないかもしれません。追加の眠剤を使うのも抵抗があるというのであれば、体を横たえているだけでもいいのではないでしょうか。それでも疲れは取れると思います」

「でも、明るくなるまでが長くて辛いんです。なんで眠れないのでしょう」

 眉間に皺を寄せ、こちらの提案は、全て「でも」と聞き入れない。うつ状態の間、訪問時はいつも同じような会話を繰り返していた。

 本音を言えば、向き合って30分この話を聞くのは、かなり辛かった。相手から良い反応を引き出そうと思うと、裏切られた気持ちになってしまう。慣れてからは、むしろ多くを期待せず、聞くことそのものに意味があると割り切るようにした。

 ところがある時気づくと、この眠りの話が出なくなっていた。語られるのは、主に昔話。表情も柔らかくなり、明らかにうつ状態は改善していた。
この例もまた、眠りが話題の中心になるのは、不眠の時だけ。眠りが良くなると、自然に話題に上らなくなる。

 思えば、病状が良くなった時に、「良くなりました」と明るい声で言われることは意外に少ない。特にうつや不眠などの精神的な症状はそうだ。

 電話やメールなどで友人や知人の場合も、具合が悪い時には、苦痛を訴えるが、良くなると、だんだん連絡が間遠になる。

 こうしたフェイドアウトは、私にとっては、不義理でもなんでもない。それどころか、改善の兆候と喜び、むしろ、蒸し返さないよう気をつけている。

 「便りがないのは良いしらせ」。昔の人は本当にうまいことを言ったものだ。長く医療の現場で働き、しみじみその意味をかみしめている。

写真:肌寒い日の愛猫もふこが定位置であるご主人の足の間に寝転ぶ様子を表わす写真。
<私の近況>
 10月に入り、肌寒い日が増えてきました。もふこも人肌が恋しいようで、今はツレの足の間が定位置です。
 季節の変わり目は、心身の不調が生じやすい時期。病棟も忙しく、かなり体力を使っています。日常的に採血するのは20年ぶりかなあ。意外にうまくできるので驚いています。経験って、意外に身についているんですね。とってもうれしいです。

著者

筆者_宮子あずさ氏
宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業
1963年生まれ。1983年、明治大学文学部中退。1987年、東京厚生年金看護専門学校卒業。1987~2009年、東京厚生年金病院勤務(内科、精神科、緩和ケア)。看護師長歴7年。在職中から大学通信教育で学び、短期大学1校、大学2校、大学院1校を卒業。経営情報学士(産能大学)、造形学士(武蔵野美術大学)、教育学修士(明星大学)を取得。2013年、東京女子医科大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。博士(看護学)。
精神科病院で働きつつ、文筆活動、講演のほか、大学・大学院での学習支援を行う。

著書

「まとめないACP 整わない現場,予測しきれない死(医学書院)、『看護師という生き方』(ちくまプリマ―新書)、『看護婦だからできること』(集英社文庫)など多数。ホームページ:ほんわか博士生活(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

寄附について

 当財団は、「長生きを喜べる長寿社会実現」のため、調査研究の実施・研究の助長奨励・研究成果の普及を行っており、これらの活動は皆様からのご寄附により成り立っています。

 温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

ご寄附のお願い(新しいウインドウが開きます)

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

このページについてご意見をお聞かせください