健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

第26回 東京の気楽さ

公開日:2021年1月15日 09時00分
更新日:2021年1月15日 09時00分

宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業


 私は生まれてから親元を離れる24歳になる年まで、杉並区下高井戸で暮らした。それ以降は1年足らず保谷市(現在は西東京市)に暮らした後、武蔵野市に移った。結局57歳になる今まで、東京西部で暮らし続けている。

 最近東北地方の病院で働く男性看護師が病院に研修に来て、私の訪問に同行することがあった。時節柄、「新型コロナウイルスの感染者が出ると村八分のような状態になる」との話を聞き、「東京でもネットでたたかれたり大変ですよ」と返した。

 しかし、感染者が桁違いに多い東京と、ごく少数の感染者しか出ない地方では、目立ち方が違うのだろう。東京の気楽さというのは確かにある、と思ったりもした。

 この日の訪問看護は、精神症状としてはかなり重い人の家を訪れた。見た目は穏やかな初老の女性だが、ひとたび口を開けば妄想の話が止まらない。

 「警察がだらしないから、私が代わりに忙しくなっちゃう。東京はひどいもんでしょう?鍵をかけてもかけても変なヤツが入ってきて。悪党どもがやりたい放題。汚物をまき散らしたり、毒をまかれたり。私が闘わないと、死人がざくざく出てくるのよ」

 女性とは、私が訪問看護を始めた時からのつきあいなので、かれこれ11年こうした話しを聞いている。彼女に限らず、妄想を聞くのは面白い感覚で、言葉のシャワーを浴びているようだ。ところが、脈絡がない話は、記憶に残らない。話を聞くそばから、そのほとんどを忘れてしまうのである。

 訪問を終え、自転車で病院に戻る道すがら、同行した彼は、こんな感想を言ってくれた。

 「あんなに症状が強い人が地域で暮らせるのは、やっぱり東京だからだろうな、と思いました。自分の地元だと、やっぱり難しいですね。地域の人の目があって、アパートを借りて住むのは無理だと思います。まだまだ偏見が強いから......」

 これまでにも何人か他の病院で働く人が研修に来た際、これと似たことを言うのを聞いた。先ほどのコロナの話ではないが、東京のように人が多いと、何かあっても、目立たない。偏見そのものはあったとしても、見逃されて差別されずにすんでしまう。そんな気楽さがあるのは確かだと思った。

 改めて考えてみると、今日訪問した女性は、四国出身。東京に出てきてから発症し、故郷には戻らなかった。親はもう亡く、きょうだいとは音信不通である。私が勤める病院には、そのような身の上の患者さんがたくさんいる。

 しかし、こうした歴史は変わりつつある。最近では、精神疾患に対する内服治療も良くなり、短い入院で自宅に帰るようになった。長期入院を経て家族との関係が希薄になる例も、かなり少なくなっている。今後、故郷に帰れない患者さんは、きっと減っていくに違いない。

 そもそも、どこに生まれるかは、誰にも選べない。生まれた地域によって、病気になった時の扱いが異なるのは、あまりにも理不尽である。

 長らく精神疾患は、発症したら最後、故郷に帰れない病気のひとつであった。そのような病気を作ってはならないと、改めて思った。

写真:シーツ交換時に飼い猫のもふこがじゃれにくる様子を表す写真。
<私の近況>
 私は基本的にずぼらなのですが、看護師という仕事柄、シーツ交換だけは燃えてしまいます。マットレスパッドとシーツ、掛け布団カバー、枕カバーは週に1回洗濯。羽布団と枕も月に1回洗濯。掃除や整理整頓、その他の家事に比べると、突出してまめなのがシーツ交換というわけなのです。
 最近では、すっかり慣れたなれた飼い猫のもふこが、シーツ交換をしているとじゃれに来ます。これもまた、かわいくて、ますます楽しいシーツ交換なのであります。

著者

筆者_宮子あずさ氏
宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業
1963年生まれ。1983年、明治大学文学部中退。1987年、東京厚生年金看護専門学校卒業。1987~2009年、東京厚生年金病院勤務(内科、精神科、緩和ケア)。看護師長歴7年。在職中から大学通信教育で学び、短期大学1校、大学2校、大学院1校を卒業。経営情報学士(産能大学)、造形学士(武蔵野美術大学)、教育学修士(明星大学)を取得。2013年、東京女子医科大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。博士(看護学)。
精神科病院で働きつつ、文筆活動、講演のほか、大学・大学院での学習支援を行う。

著書

『宮子式シンプル思考─主任看護師の役割・判断・行動1,600人の悩み解決の指針』(日総研)、『両親の送り方─死にゆく親とどうつきあうか』(さくら舎)など多数。ホームページ:ほんわか博士生活(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください