健康長寿ネット

健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

第32回 新型コロナのワクチン接種完了

公開日:2021年7月 9日 09時00分
更新日:2021年7月 9日 09時00分

宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業


 新型コロナウイルス感染症は、変異株の広まりもあり、残念ながらまだ収束は見通せない。現状では、ワクチン接種の進捗が唯一の、明るい材料だと言えよう。実際、予想以上に多くの人が接種を希望し、予約が取れない事態も起きている。

 そんな中、私は、全ての対象に先立って始まった医療関係者の優先枠に入り、すでに接種が終わっている。接種を待ちわびる人も多い現状では、申し訳なく、感謝に堪えない。

 ワクチンの副反応は、若いほど、男性より女性の方が、強い傾向があり、注射部位の痛みと発熱、関節痛などが知られている。こうした症状には解熱鎮痛剤の使用が勧められていて、売薬のアセトアミノフェンが売り切れる地域もあるそうだ。私も、相談されれば、無理して我慢せず、薬を使うよう勧めている。

 こうした副反応への不安や、効果への懐疑から消極的な人もいて、それもひとつの考え方だと思う。あくまでも個人の選択に基づく接種。打たない人を非難したり、強制するのは間違っている。

 私自身は、いろいろな見解を参照した上で、"ワクチンは万能ではないにせよ、感染及び重症化のリスクを減らせるもの"と捉えている。求められるのは、リスクとメリットを理解した上での選択。感染の可能性はゼロにはできず、かつ特効薬がない事を考え、多少のリスクがあっても接種しようというのが、私の選択だった。

 私の第1回目接種は4月23日、第2回の接種は5月14日。幸い副反応はごくごく軽く、注射した腕が翌日から3日ほど軽く痛んだのみ。打ち終わって、予想以上に気持ちが楽になったのが、自分でも驚きだった。

 それというのも、私は感染への不安については、かなり鈍感な方だと自覚していたからだ。訪問看護の仕事をしていると、人の家に上がり込まないわけにはいかない。時には窓を開けても全く風が通らない家もあり、やれ換気だ、密を避けるだと言われても、難しい場合も多い。多少鈍感でないとやれない仕事なのではないか。

 そんな、鈍感を自負する私でさえ、ワクチン接種で安心したのである。やはり無意識のうちに感染を恐れる気持ちがあったのだと思う。ならば、日々不安を感じている人であれば、どれだけ安心できることだろう。

 強制があってはならない一方で、ワクチンによる集団免疫は、ワクチンの接種率が高いほど効果が上がるのも事実。有効と認められるラインはおおよそ7割程度と言われている。

 今回接種に関わる知人によれば、日本において、副反応への不安などから、絶対にワクチンを打たないと考える人は、約1割とのこと。そして、積極的に打ちたい人は6割程度。残りの約3割は様子見で、接種する人が増えて、大丈夫そうなら打とうと思う人である。

 この傾向であれば、強制することなく、打ちたい人だけ打ち、集団免疫ができるラインは越えられると予想できる。とにかく打ちたい人にどんどん打つのが大事。そして、周囲の人が打って大丈夫となれば、様子見の人も、打つ人が増えるだろう。

 よって、私は、ワクチンについては、決して無理強いはせず、考えを聞かれれば、今日ここに書いたように、私自身の選択を話している。接種を希望する人が接種できますように。それが一番の願いである。

写真:筆者が実際にワクチンを接種した際に発行された新型コロナワクチン接種記録書を表す写真。
<私の近況>
そんなわけで、私はワクチン接種を終了しました。写真は、私の接種記録書です。57歳のツレは6月下旬ごろに武蔵野市が発送予定の接種券まち。職域接種か集団接種かは予約次第で決める予定です。

著者

筆者_宮子あずさ氏
宮子 あずさ(みやこ あずさ)
看護師・著述業
1963年生まれ。1983年、明治大学文学部中退。1987年、東京厚生年金看護専門学校卒業。1987~2009年、東京厚生年金病院勤務(内科、精神科、緩和ケア)。看護師長歴7年。在職中から大学通信教育で学び、短期大学1校、大学2校、大学院1校を卒業。経営情報学士(産能大学)、造形学士(武蔵野美術大学)、教育学修士(明星大学)を取得。2013年、東京女子医科大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。博士(看護学)。
精神科病院で働きつつ、文筆活動、講演のほか、大学・大学院での学習支援を行う。

著書

『宮子式シンプル思考─主任看護師の役割・判断・行動1,600人の悩み解決の指針』(日総研)、『両親の送り方─死にゆく親とどうつきあうか』(さくら舎)など多数。ホームページ:ほんわか博士生活(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡大する可能性がある状況で、毎日ご不安に感じられている方も少なくないと思われます。特に高齢者の方におかれましては感染予防を心掛けながら健康を維持していくことが大事です。

 そこで高齢者およびご家族に向けて健康を維持するための情報をまとめました。ぜひご覧いただき毎日の健康の一助となれば幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策

無料メールマガジン配信について

 健康長寿ネットの更新情報や、長寿科学研究成果ニュース、財団からのメッセージなど日々に役立つ健康情報をメールでお届けいたします。

 メールマガジンの配信をご希望の方は登録ページをご覧ください。

無料メールマガジン配信登録

このページについてご意見をお聞かせください